消費者金融ではお金を借りることができる?

即日カードローンを利用しよう

Posted by 管理人 on 2014年7月15日

日常生活の中では、どうしても急にまとまったお金が必要になることがあります。
冠婚葬祭や、急な病気や怪我の為に、どうしても当日中にお金が入用になった時に、便利なのがカードローンです。
家族や知り合いにお金を借りることも可能でしょうか、どうしても「すぐに貸して!」とは言いにくいものです。
ましてや、お金の問題ですので、後からこじれると信頼関係も損なってしまいます。
現在のカードローンは、即日融資も十分可能になるまで、進歩しています。
少し前までは、審査に数日から一週間程度要していたものが、現在では、早くて30分で実際に現金を引き出すことも可能になっています。
「どうしても今日にお金が必要なんだ!」という要望にも、十分こたえられるようになっています。
今では、窓口での申込以外にも、インターネットによる申込も主流になってきています。
自宅にいながらカードローンの申込を行うことができ、早くて30分で審査が完了します。
振込サービスを利用すれば、その日の内に、すなわち即日融資も可能なのです。
カードローンの即日融資を利用される方には、次のような理由が挙げられます。
「今日が公共料金の支払日なのに、銀行に行く時間が無い!」
「本日発売のゲームをどうしても購入したい!」
「必要資金を準備できないと、今日眠ることもできない!」
ただし、即日融資可能の急ぎカードローンでも、受付時間帯などによっては、融資が翌日になる場合もあります。
即日振込サービスの場合でも、金融機関の営業時間や土日を挟んだ場合などには、その日の内に振込できないケースもありますので、注意しておきましょう。


Filed Under: お金 - Comments: Comments are off for this article


Tags:


プロミスの在籍確認は本当に必要?

Posted by 管理人 on 2014年4月11日

プロミスの申し込みにも在籍確認が必要です。プロミス審査をはじめ、ほとんどのローン会社で在籍確認をされます。その確認の仕方もほぼ同じで、会社に直接電話を個人名でかけて在籍確認するというものです。お金を貸す側としては、本当にその会社にお勤めしているか確認するのは当たり前のことですが、会社に個人名で電話してくる事なんて、めったにありませんよね。少し感の良い人なら、この人はこれからお金を借りるんだとすぐに気づかれてしまいます。別に犯罪ではないのですが、あまり気分に良いものではありませんよね。
そこで、勤務先への在籍確認なしに申し込みが出来るかプロミスに問い合わせてみました。

プロミス側の回答です。
お問い合わせありがとうございます。
申し込みの際に、在籍確認なしに申し込みしたいと伝えていただき、以下の書類をご準備いただき、弊社へ送付お願い致します。書類の確認が出来ましたら在籍確認とさせていただきます。書類確認の為、お申し込みにお時間がかかってしまうことを、ご了承願います。

*健康保険証のコピー(会社名・現住所の記載されているもの)
*直近の給料明細書のコピー(会社名・氏名が記載されているもの)
(郵送以外にも、携帯電話やスマートフォンなどで画像化し、指定のメールアドレスにご送付いただくことも可能です。)

とのことでしたので、お時間のある方は必要書類を揃えて、申し込みすれば会社に電話されずに申し込みが出来ます。


Filed Under: カードローン - Comments: Comments are off for this article



消費者金融ではお金を借りることができる?

Posted by 管理人 on 2014年1月28日

日常生活をしていく上でお金は、必要不可欠な存在となります。お金が不足しないように、資金管理をしっかりと行う事が重要です。しかし、想定外の出費が相次いだ場合においては、お金が不足する時もありますので注意が必要です。

現金が不足した際においては、消費者金融即日融資で現金を借りる必要があります。キャッシングをする場合は、消費者金融の審査に通過をしなければならないです。審査基準については厳しくないので、安定した収入があれば問題がないです。

キャッシングをして金銭を融通してもらったのであれば、返済をする事になります。返済方法については様々用意されていますが、多くの人は分割払いで返済を行っています。分割払いのメリットとしては、返済計画を立てやすい事が挙げられます。

分割払いに関しては毎月の返済額が一定であり、尚且つ、支払う金額も比較的少額となりますので、苦労をすることなく借金を返済する事が可能です。すぐにお金を得ることができるキャッシングは重宝できますが、借りすぎには注意をする必要があります。


Filed Under: 消費者金融 - Comments: Comments are off for this article



top